はらみ愛

埼玉で鍼灸師をしてる植松といいます。ブログネーム面倒くさいから身バレも恐れず本名でやってます。

包丁と中華鍋を買ったら気分も料理も段違いになった話

今の職場は毎週火曜日が休みなので、その日の晩御飯は私が担当です。
自分が食べたいものだったり、奥さんからのリクエストだったり。
1人暮らしが長く昔から作るのが好きだったのでやること自体は苦にならないかな。

f:id:freshstart070930:20180718094013j:plain
愛用の包丁。
築地にある「正本」さんの鋼の牛刀。
患者さんとの繫がりがあり良い包丁を買えば一生ものだと思い、男なら鋼だ!と買わせて頂きました。

いかにせん、鋼は切れる!
今までが研ぎもしない切れないステンレス製のものを使用していた為、こちらは切れすぎて最初は慣れるまで戸惑ったほど。
うちの奥さんは「切れすぎて怖い」といって使いません。
ただ、慣れてしまったらこんなに切れ味の良い包丁は手放せない。
手入れは使った後洗って水気を拭くだけ。
使用頻度にもよりますが1,2ヶ月に1回研ぐだけと大した手間もありません。
普通の包丁からすると少々値は張りますが、これは買ってよかったと思ってます。

ちなみに、まな板は銀杏のもの。
ちょうど木のまな板を買おうと思っているときに木を取り扱ってる患者さんから頂いたもの。
抗菌性もあり包丁との相性も良く、大変重宝しています。

f:id:freshstart070930:20180718094108j:plain
中華鍋は「照宝」さんのもの。
買う時にいろいろ迷ったんですが、中華鍋なら中華街でしょ!と中華街をフラフラさまよいこちらにしました。
「困ったことがあったら電話で聞いてください。もちろん持ってきてもらえば対応しますよ。」とアフターフォローばっちりだったので決め手となりました。
これで料理すると鉄も取れるらしい。

f:id:freshstart070930:20180718094529j:plain

f:id:freshstart070930:20180718094603j:plain
一緒に買ったおたま。
いらないとも思ったんですが、使ってみると中華鍋にはこのおたまが使い勝手がいいのがわかる。
あとは何といっても、料理中に鉄同士がぶつかる音が「おれ、やったってる!」っぽい。
気分は赤坂離宮のシェフ。

f:id:freshstart070930:20180718094641j:plain
これらを使ってあれしたりこれしてみるとこうなる。
かた焼きそばと四川風麻婆豆腐。
中華鍋を買ったばかりの頃、四川風麻婆豆腐を週3/月のペースで作って身体で覚えていた思い出があります。

興味のあるものに対して少しだけ投資してみると使い勝手も上がるし、テンションも違ってきますのでおすすめです。

正本 最高級炭素鋼 牛刀 24cm

正本 最高級炭素鋼 牛刀 24cm

照宝 ササラ 24cm

照宝 ササラ 24cm